マタニティファッション

マタニティ期間はお腹の赤ちゃんと一心同体でいられるとても幸せな期間であり、身体的にも精神的にも大きな変化がある大変な期間でもあります。特に妊娠後期に入ってくるとお腹はどんどん大きくなるため今までの服を着ることが出来なくなります。



体を冷やしたり、締め付けるようなファッションは血流が悪くなりお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすため厳禁です。

お腹が目立っていない時期であっても衣服の締め付けはつわりを悪化させる可能性もあるため妊娠がわかった段階でゆったりとしたファッションを心がけるようにしましょう。

特に下着は締め付けが強いため、早急に専用のものを用意するようにしてください。

オンリーワンのカラコンの珍しい情報をご紹介しています。

産前から産後1年ほどはバストのサイズが大きくなるため締め付けがなく授乳がしやすいノンワイヤーの専用のブラジャーやカップつきのキャミソールがおすすめです。

カップつきのキャミソールはマタニティ・授乳専用のものもありますが、通常のものも使用できます。


通常のカップ付きキャミソールを使用する際は1〜2サイズ大きめのものを選ぶようにしてください。

様々なブランドがマタニティ専用の服を展開しており、トップスやワンピースには産後も着られるよう授乳口が付いているものも多くあります。

お客様に相応しいパールリングの情報も多数ご用意しました。

しかし、産後母乳育児をするにしても授乳口をほとんど使用しない場合も少なくありません。



下着と同様1〜2サイズ大きいものやメンズサイズで旦那様と兼用できそうなものを選ぶと長く着用することができます。
パンツやスカートなどのボトムスはウェストがゴムのものやヒモで調整するものだと締め付けは軽減されますが特にスカートは前だけがずり上がってしまってバランスが悪くなってしまうためおすすめしません。
お腹の膨らみに対応できる専用のボトムスは何着か用意しておくことをおすすめします。
通常のデニムや綿のボトムスをマタニティボトムスにすることができる専用のアジャスターもあります。

話題になっている真珠ピアスの情報が更新されています。

このアジャスターがひとつあると今まではいていたボトムスをお腹が目立ってきてからも着用することができるため便利です。
もし、妊娠前はヒールの靴をメインではいていたのであれば早急にスニーカーやスリッポンといったペタんこ靴に慣れるようにしてください。


お腹が大きくなると体のバランスが崩れるため転倒のリスクがあがります。



転倒はお腹の赤ちゃんの命に関わることもあるため最も注意が必要です。

転倒のリスクを少しでも減らすためにもペタんこ靴を選ぶようにしましょう。



出産後も子どもを抱っこしたり一緒に走り回ったりする機会が多くなるためペタんこ靴が大活躍します。

https://allabout.co.jp/gm/gc/71999/

早い段階で慣れておくことをおすすめします。


赤ちゃんがお腹の中にいてくれる期間はとても短いです。
わざわざ短い期間のために服を揃えるのは経済的にも負担になりますが、工夫すれば通常の服も着用することができます。工夫をしながらマタニティ期間でしか楽しめないファッションを楽しんでみてください。


関連リンク

真珠のピアスで日常スタイルをワンランクアップ

真珠のピアスはとても便利なお洒落アイテムです。フォーマルな服装やカジュアルな服装のどちらにもあわせることができます。...

more

カラコンで手軽におしゃれが楽しめる

メイクだけでは目がパッチリとならないと困っていませんか。より魅力的な目元にしたいと感じたときに役立つのがカラコンです。...

more